「アダルトチルドレン」カテゴリーアーカイブ

アダルトチルドレンを克服の真実

アダルトチルドレンを克服の真実

アダルトチルドレンを克服するためにインナーチャイルドを癒すですとか意味不明な理論は一切必要ありません。このブログは瞑想のブログですので、この分野の造詣、そして実体験も私は相当に深いです。

その私が今回お話させていただきたいことはアダルトチルドレンを克服するのに、精神世界の追求は止めた方がいいという話になります。

アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンとは、アメリカで作られた概念で、その症状は感情が不安定で傷つきやすく、自分に確かな自信を持てないという状態を主に指します。

特に、アルコール依存症の親の子供に多い特徴であるということが知られています。

アダルトチルドレンは遺伝病

アダルトチルドレンになりやすい人はもともと、生得的に、繊細で神経質な気質(HSP)で生まれついています。精神が不安定な親の家庭で育ったからアダルトチルドレンになったのか、精神が不安定な親の子供であるからその遺伝子を受け継いで精神が不安定になるのかというと、どちらも大きな要因であり、無視されがちな後者の要因を無視することはまずできないでしょう。

性格の問題ですとかこの種の問題は変えようのないものなのです。性格特性の遺伝率は一般にかなり高いということも知られています。

したがって、アダルトチルドレンを克服する場合、普通の方法を用いていたのでは、延々と無間地獄の中で苦しむ人生を克服していくことは不可能になります。

アダルトチルドレンの克服で大切なモノ

アダルトチルドレンを克服するのに大切になってくるのは、サプリメントや薬を用いた直接脳の機能に介入する克服法を選択するということです。たとえば、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を飲むと心が落ち着きますが、脳内のGABA(γアミノ酪酸)が増加したからです。

また、お酒を飲むとACの人でも明るくリラックスした性格になるのも同じ話です。

アルコールとベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用機序は脳内で、ほとんど同じものであるからです。

アダルトチルドレンを自分で克服できるのか?

自力でアダルトチルドレンを克服しようとする場合、ほとんどといっていいほどその行為は徒労に終わります。

悲惨な悲劇的な人生を好転させることはまずできないのです。何故かというと、アダルトチルドレン(AC)は先天的な要因によって生じる脳の機能異常だからです。

厳密に言うと、脳内のGABAが不足しやすい器質を生まれつき生まれ持ったという話になります。

冷淡な話なのですが、これがアダルトチルドレン克服における真実になります。

唯一効果のある方法論

アダルトチルドレンを本気で克服しようと試みる方は、上で述べた方法論を試されることをお勧めします。

アダルトチルドレンを自分の力で克服しようということは実質上、ほぼほぼ不可能な話になってしまうからです。

機能不全家族は関係あるのか?

アダルトチルドレンは機能不全家族によって生じるという話があります。確かに半分は当たっています。
しかしながら、機能不全家族で育って、親から身体的な虐待や精神的虐待を受けても、健全に育つ人も山ほど存在しています。

そういうことを把握していけばアダルトチルドレンは遺伝病であると結論付けることが可能です。

心の病の遺伝率は高いことが国際論文においても多数発表されています。

ですのでアダルトチルドレンはまず遺伝ありきの病気であるということが可能なのです。

本気で克服したい人へ

そういったものを克服しようというのであれば、サプリメントや薬を飲んでいく以外まず方法はありません。

軽症の人であれば運動や筋トレの習慣をつけることで、克服できることもままありますが、基本的にはこんな感じのニュアンスの話に集結するわけです。
(追記:)

アダルトチルドレンを瞑想で改善できるか?

軽症であれば瞑想で改善できます。
このブログは瞑想について詳述してあります。
ですので、瞑想の方法については他の記事を参照ください。

瞑想【+γ】(←瞑想カテゴリーへ)
アダルトチルドレン(←アダルトチルドレンカテゴリーへ)