アヤワスカと瞑想【私のアヤワスカ体験談】

Spread the love

アヤワスカと瞑想【私のアヤワスカ体験談】

アヤワスカ(Ayahuasca)を使用することで深い瞑想状態に入ることもできます。アヤワスカとはペルーのアマゾン森林地帯に住む、シャーマンが瞑想のために用いる自然界のサイケデリック物質です。アヤワスカを飲んだ人は、死んだ人と再会することもあるといいますが、これは本当です。

アヤワスカで究極の瞑想状態へ

私は中南米を巡り(サイケデリック体験をするため)、さまざまなサイケデリック物質を使用してきました。アヤワスカもそのひとつです。アヤワスカを飲むと、数分後から意識が変性し、異常に深い瞑想状態に入れます。(注:アヤワスカは日本では違法指定されています。

注意点:

また、海外で使用を許可されている国でも、アヤワスカを飲み、発狂し、行方不明になった人もいます。そのため、アヤワスカを瞑想目的で使用する場合は、必ず信頼できるシャーマンの元で行わなければいけません。)

アヤワスカの効果

アヤワスカを飲むと、普段の瞑想とは異次元と思えるほどの究極的に深い瞑想状態に入ります。こうなると、普段では近くできないような五感への知覚、そして第六感も発達するので、他人が何をしているのか、何を考えてるのか、理解できるようになります。
私の友人の一人は、アヤワスカをシャーマンの立会いのもと、飲むことでPTSD(心的外傷後ストレス障害)が癒され、寛解したといっていました。

心的外傷が癒える

私のアヤワスカ体験は、死んだ人たちに瞑想のさ中、出会ったということです。亡くなった祖母、叔父など親交のあった人々に再開しました。その人たちが私に言った言葉は、お前はお前が望むことを好きにやっていればいいのだよ、という言葉でした。当時、精神的に追い詰められていた私はこの言葉で救われました。

PTSDからの回復

米国ではイラク戦争の悔恨を残し数多くの兵士が心に傷を負い、PTSDにより、身動きが取れなくなり、彼らの幾人かは自殺を考えるほど深刻な精神状態にありました。しかしながら、アヤワスカを服用した兵士は心の傷が癒え、重いうつ病が治ったと報告しています。
また、ブラジル政府は、囚人更生プログラムの一環として、囚人に任意で囚人にアヤワスカを投与しています。なぜ、自分の人生がこんなことになっているのか、理解させるために、です。アヤワスカは深い瞑想状態を誘発します。それは、禅の高僧や高位のヨガ行者もしくはシャーマンにしか達成できないような究極の瞑想状態です。そのような体験は、その人の人生観を根本から変えてしまう可能性をはらんでいるのです。

瞑想のためにアヤワスカを使ってもいいと私は思う。なぜか?

私は通常、瞑想にアヤワスカのようなサイケデリックは使用しませんが、試用する人を見ても何も抵抗も拒絶感も感じません。なぜなら、アヤワスカを飲んで達成する瞑想も、ひとつの方便だと考えるからです。
これは瞑想の定義を考えれば誰にでもより多くの方に理解される話だと私は思います。

瞑想とは、すべての囚われ、こだわりから離れることを暗に意味するからです。
つまり、どんな方法で瞑想を深めようが、瞑想をしようが一切おとがめなしということです。

瞑想まとめ

(Visited 161 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です